2016年11月29日

歯に良い食べ物

  • 11:09


こんにちは。受付の吉村です。

今日のはにいい食べ物は

魚類・きのこ です!


魚類やきのこに多く含まれるビタミンDは歯の栄養となる
カルシウムの吸収を助けてくれます。
カルシウムを効率的に摂取するために普段の食事に
カルシウムの多く入った海藻や牛乳・チーズに魚類や
きのこを合わせて料理するとぴったりです☆
寒い冬に暖かいグラタンをきのこで作るのもオススメですし、
お鍋の具材で組み合わせてもいいですね。

紅葉の季節ですが雪が降ったり、不安定な気候で
体調崩されている方も多いのでお身体にはくれぐれも
お気をつけ下さいませ。
2016年11月22日

顎関節症②

  • 12:50


こんにちは。歯科医師の西村です。
本日は前回の顎関節症のお話の続きをしていきますね。


②歯科医院で行える治療法
自宅でもある程度のことは行えますが、例えば冷湿布と温湿布のどちらを
用いるべきなのかなど、ご自身では判断しにくく迷ってしまうことも多々あります。
原因と症状を正しく判断することが大切となってきます。
さらに歯科医院では様々な効果的な治療法も行えます。

A.認知行動療法
顎関節症の原因となった悪習慣、悪癖などを患者さんに
実感して頂くことで、主体的に取り除くよう行動していく療法です。

B.物理療法

痛みを軽減させるために、患部を温めたり冷やしたりする療法です。

C.運動療法
口を開け閉めしたり、顎をなめらかに動かしたりする訓練をいたします。
頬杖、うつぶせ寝、片側噛み、歯ぎしり、くいしばりなどの禁止も生活指導に併用されます。
パソコンや冷蔵庫など生活範囲内に貼り紙をするなどのリマインダー法と呼ばれるものも
用いられます。

D.スプリント療法
歯列を覆うスプリントという装具を装着し、顎関節の筋肉への負担を軽減し、
くいしばりや歯ぎしりの由来の顎関節を治療する療法です。スプリントでは
スタビライゼーション型をはじめ症状に合わせて多種多様なタイプがございます。

E.薬物療法
筋肉が固まってしまっている場合は、筋弛緩剤、痛みが強い時には鎮痛剤などを
使用します。夜間の歯ぎしりを軽減するため入眠剤を用いることもありますし、
抗不安薬、抗うつ薬などを投与するケースもございます。

F.マニピュレーション法
手技によって、顎関節にある関節円盤を正しい位置に戻そうとする治療法です。
運動療法や薬物療法と組み合わせて行うこともあります。

G.外科療法
どのような治療を用いても改善されない顎関節症は外科療法、すなわち手術が
施される場合もございます。関節内に針を刺して関節内部の炎症の原因を洗い流す
関節腔内洗浄療法、骨と骨の癒着をはがす関節鏡手術などがあります。


顎関節症には、ストレスを取り除くことで改善がみられる軽度のものから
重度のものまで様々な状態があります。
それぞれの段階によって必要な治療法も異なります。1度歯科医院にご相談ください。
2016年11月18日

歯の神経

  • 15:39


こんにちは(^o^)
歯科衛生士大本です!

今回は歯の神経についてお伝えします!

歯の中には神経が通っています。

大きな虫歯になると神経をとらなくてはならないんです(´・_・`)

みなさん、歯の神経の大切さご存知でしょうか??

神経には痛みや熱を感じることができるのです。
なので、痛みがでて虫歯になったことを教えてくれたり虫歯が
急に進まないように歯を固くする作用も促すんです。
熱を感じることで冷たい、熱いがわかり食事が美味しくなります。
また、人間は年々噛み合わせも変化しています。その噛み合わせの
変化にも対応してくれるので歯を守ることができます。
もし、神経がなければ歯の水分が失われ黒く変色したり割れやすくなります。
そして被せ物の治療(差し歯)が必要になります。

歯が痛い→歯医者嫌なので我慢→痛い→痛みがなくなる...
となると治ってはないんです!
神経が死んでしまっている可能性が高いです!

なにかしみるなー、黒くなってきた、穴があいてるなどなにか変化が
あればすぐに検診に行ってくださいね(*^o^*)
2016年11月15日

白い歯が与える印象

  • 15:34


こんにちは(^ν^)

歯科衛生士の木戸です!
今日は白い歯が与える印象についてです★☆

みなさんは白い歯にどのような印象を持ってますか?

人の印象は見た目が90%といわれてるんです!
特に第一印象は、後々まで引きずることが判明しており、
実験では第一印象は会った瞬間の0.5秒で決まるということが分かりました。

その最初の0.5秒で好印象というイメージをつくるのは笑顔なんです!
笑顔のポイントとなるのは60%が口元であることも分かっています。


好印象と感じる半分以上の場合に「口元がポイント」と感じるわけは、
口角が上がっているということだけではなく、歯の印象も大きいんです^ ^

笑った時に見えた歯が、黄ばんでいたり黒ずんでいたりしては
印象が良いはずないですよね?

白い歯の笑顔は第一印象が「清潔でさわやかな人」となって
高感度がアップします^ ^


そして、白い歯は顔全体を明るくしてくれるので、若々しいイメージにもなります♪

そして歯が汚いと、タバコを吸っているのではないか?
歯をきちんと磨いていないのではないか?口臭があるのではないか?など、
マイナスな印象になりがちですが、反対に白い歯は、清潔で健康な印象を
与えてくれるんです^ ^

また、歯が白いと自分にも自信がつき、堂々と話したり笑ったりするので
性格も明るくなり、雰囲気も良くなるんです^ ^

今お伝えしたただけでも、歯を白くするだけでこんなにもメリットがあるんです^ ^
ホワイトニングに興味がある方は是非一度やってみてください^ ^
2016年11月13日

歯にいい食べ物

  • 12:40


こんにちは。受付の吉村です。
ハロウィンが終わるともうクリスマスの装飾ですっかり冬!ですね。
寒くなると暖かい食べ物が欲しくなりますが、、、
今日の歯にいい食べ物のお勧めは

サラダです。
新鮮な野菜がタップリ食べれて酵素やビタミンが補給できるサラダは
身体にいいのはもちろん歯にも嬉しい効果があります。
中でもセロリ・カリフラワーなど歯ごたえのある野菜はたくさん噛む事に
よって唾液が沢山出てお口の中をお掃除してくれます。
またサラダをタベルことで歯の表面をお掃除してくれてます。

暖かいお鍋が美味しい季節ですが生野菜のサラダも積極的に食べて
頂ければと思います☆

2016年11月11日

歯痛が起こる理由

  • 15:40


こんにちは。
受付の宮前です^^


ここ最近気温がグッと低くなりましたが
みなさん風邪など引いていませんか?

風邪をひいたり風邪が治った後、歯が痛くなった経験が
ある方もいるのではないでしょうか?
kids_05-tb.jpg

その原因のひとつに歯周病があります。
歯周病については前回、前々回の記事でお話ししましたが
今日は風邪をひいたときに歯痛が起こる理由についてお話しします!



風邪をひくと体の抵抗力が低下します。重度の歯周病の部分はいつも
細菌と白血球などの抵抗力が戦っている部分です。
重度の歯周病の部分は免疫力の低下によって歯痛や歯茎の腫れが
出ることがあります。
また、親知らず周辺の歯周ポケットも腫れが出ることがあります。


風邪をひいて歯痛が起こったとき、原因もわからず歯を削ったり、
抜いたりする方が危険な行為です。
こうなる前に歯周病を予防しお口の中を健康的な状態に保つ事が大切なので
是非歯医者さんで1度歯周病の検査やクリーニングを受けてください。
2016年11月8日

いい歯の日

  • 12:42


こんにちは。歯科衛生士の中村です。
11月に入って本格的に寒くなってきましたね。

本日11月8日は『いい歯の日』です!
stamp_1108.png

「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を
保っていただきたい」という願いを込めて、厚生労働省とともに
1989年より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という
「8020運動」が日本歯科医師によって制定されています。

『いい歯の日』は、その 「8020運動」推進の一環であり、国民への歯科保健啓発
の強化を目的としています。
80歳になっても20本以上の歯を保てるよう、2~3ヶ月に1回のクリーニングで
しっかりお口の中を健康的に保っていきましょう(^o^)☆

2016年11月5日

顎関節症①

  • 12:37


こんにちは!歯科医師の西村です。
ハロウィンも終わり、一気に街がクリスマスモードで華やいできましたね。

最近、矯正相談などでご来院頂く皆さんからよく、顎が開きにくい、
や顎が音が鳴るなどといった顎関節の不調を伴っている方が多い気がします。

本日は顎関節についてお話しさせて頂きます。
「顎が痛い」「口が開きにくい」「顎が音が鳴る」などといった症状を
感じる顎関節症とは顎関節に異常が生じて起こります。
20代から30代の女性がかかりやすく、なかなか治りにくい慢性疾患でもあります。
音が鳴る、顎が開く時にガクッとする、などの症状を感じてはいるが痛みがないからと
いって放っておくと、痛みが生じてき、口が開かなくなるなどといった深刻な症状に発展します。
今日は、自宅で出来る治療法と、歯科医院で出来る治療法をご紹介します。

①自宅で出来る治療法

硬いものを食べたら顎が痛くなった、程度の軽い顎関節症ならば放っておいても
自然に治ることもあります。
また、自宅で出来る治療法は顎関節症の原因となっているであろう歯ぎしり、
噛み癖などの悪い習慣を取り除き、緊張を緩和させることがメインとなってきます。
主な治療法として以下のものがあげられます。

A.マッサージ
筋肉の痛みをとるように、顎の周りを優しくマッサージして血行をよくします。
弱った筋肉をさらに傷めることのないように力加減は気を付けましょう。

B.湿布
通常は温湿布を用いますが、急性顎関節症の場合には冷湿布を使用します。
ただし冷やしすぎも血液の循環を滞らせてしまうので注意が必要となります。

C.姿勢矯正

猫背になったり、顎を突き出すような姿勢になっていないか、立っている時や
座っている時も気を付けましょう。
長時間にわたって同じ姿勢を取り続けないよう、時々ストレッチをして緊張を
ほぐすようにしましょう。

ただ、軽度以上の顎関節症があっても、生活を見直しながらのセルフケアを
行うことが重要です。
2016年11月1日

食文化と口元

  • 15:19
こんにちは!歯科衛生士の大本です。

もう11月で寒くなりましたね
11月には11月8日に『良い歯の日』があります!

それにちなんで今回は歯を強くする食べ物をお伝えします。

そもそも古来人類は狩猟民族だったので、歯周病やむし歯になる率が低かったといわれております。
しかし、現在は食生活が多様化しやわらかい食べ物が多かったり糖分が含まれているものが多いのでむし歯や歯周病になりやすいんです。

むし歯や歯周病の原因となるものが糖分。
糖分は炭水化物や炭酸飲料をはじめ多くの食べ物に含まれていて口腔内にいる菌の栄養源になり、どんどん繁殖しむし歯や歯周病になってしまうのです。

また、最近はジャンクフードや菓子パン、カップ麺などやわらかいものを食べることで噛む回数が減り顎が小さくなって歯並びが悪くなります。

子どもの頃によく噛んで食べていると顎の成長が促進され、よい歯並び、正しいかみ合わせになることが出来ます。
たとえば、肉や骨ごと揚げた魚、煮干、食物繊維の多く含まれたゴボウなどを食べると効果的です!

食物繊維が多い食べ物は口だけでなく体にもいいですね!

あとは、お茶です。
ふだん何気なく飲んでいるお茶なのですが実は抗菌作用があり口臭を防ぐ役割もあるのです。

食べ物からでも口元を少し変えていくこともできるので、また少し思い出した際は取り組んでみてくださいね!

ダウンロード.jpg



ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

■■■

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。 ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。 美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。

Google +1