2016年12月5日

筋肉痛

  • 17:51
こんにちは!
歯科衛生士の大本です(^o^)


冬になると虫歯でもないのになぜか歯が痛くなる、という経験はございませんか?
実はこうした経験をされる方はたくさんいらっしゃるのです。
しかし、きちんとした原因が分からず、
とりあえず鎮痛剤などで対処している...という人もいらっしゃるのではないでしょうか??

冬に歯が痛くなる原因として...筋肉痛です!

冬の歯痛の原因として一番多いのが、
歯の食いしばりによっておきる筋肉痛です。
歯を食いしばるという行為は、無意識のうちに行なってしまうことが多いそうです。
特に寒さに耐えるときや、何かに集中しているときなどに奥歯に力が入ります。

つまり冬の寒い寝室で寝ているとき、
無意識に歯を食いしばり寒さに耐えながら眠っているため、
あご付近の筋肉が常に緊張状態にあり、
そのため朝起きると歯が痛むように感じます。


★解決策は?

まず1日に数回あごを前後左右に揺する体操をしてみましょう。
これは筋肉をリラックスさせる効果があるため、痛みの緩和に繋がります。
改善されないようであれば、
歯科で食いしばりや歯ぎしり防止のマウスピースを作成するという手段もあります。

今年も残りわずかになってきましたね!
みなさん良いお年をおすごしください★★



2016年12月1日

喫煙と歯周病関係

  • 17:58

こんにちは(^ν^)
歯科衛生士の木戸です♡
今日は歯周病とタバコの関係についてです^ ^

*タバコは歯周病のリスクを高めます*
タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、
そのうちニコチンや発癌性物質などの
有害物質は200とも、300ともいわれます。



喫煙者は、口臭・ヤニがついて汚いだけではなく、
歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすくひどくなりやすいので、
更に治療しても治りにくいんです。

あるデータによると
歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、
10年以上吸っていると4.3倍にも上昇し、
また重症化しやすくなることもわかってます!



タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、
患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなるんです!

実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く、
手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低くなります。

しかも、治療後経過を追っていくと、
喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向があります。
どうしてこういう事が起こると思いますか?

それはタバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は
組織への酸素供給を妨げ、
「ニコチン」は一種の神経毒で、血管を縮ませ、
体が酸欠・栄養不足状態になってしまうんです。

ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせて
病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。
更に傷を治そうと組織を作ってくれる細胞の働きまで抑えてしまうので、
手術後も治りにくくなります。

また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っていると
歯がざらざらしてバイ菌が張り付きやすくなるのはもちろん、
いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

ただ禁煙することで、
この危険性が下がっていくことも、
研究の結果解っています!

歯周病の予防、改善にも禁煙は効果的です(^ν^)

一気には難しいかもしれませんが、
少しずつでも禁煙にむけて減らしていけば
歯周病の予防改善に効果が出てきますっ^ ^

もう一度未来の自分の歯のことをよーく考えてみましょう^ ^

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

■■■

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。 ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。 美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。

Google +1