2016年8月3日

タバコがお口の中に及ぼす影響

  • 15:46


こんにちは。歯科医師の西村です。
今日は、タバコがお口に及ぼす影響についてお話させていただきます。

TVなどでもよく、タバコは体に悪いという話を耳にすると思います。
では、一体どう体に悪いのでしょうか?
歯や舌などはどうなってしまうのでしょうか?


・歯周病

タバコを吸うことで歯茎の血流が悪くなり、酸素や栄養が行き渡りにくくなり、
菌に対する抵抗力が弱くなるため歯周病菌に感染しやすくなります。
また、欠陥を収縮させる作用もあり、出血や腫れなどの症状が現れにくくなるため
歯周病になってしまっていることに気付かず、発見が遅れてしまいます。
歯茎の黒ずみ舌の汚れ歯石歯の着色口臭などもタバコによる
血行不良や唾液分泌の低下が原因です。

・がん
また、タバコを吸う人は吸わない人より6倍も癌になりやすいと言われています。
舌やほほの内側、歯茎に白斑が出来やすくなり、これが癌へと変わっていきます。
歯肉癌舌癌のリスクが高まります。


タバコはお口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。
また、タバコを吸っていない周りの人にも悪影響となります。
今一度、ご自身と周りの大切な方の健康を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

■■■

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。 ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。 美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。

Google +1