2020年6月16日

*歯周病菌が及ぼす全身疾患*

  • 20:00




みなさんこんにちは!


今日は、歯周病菌が及ぼす全身疾患についてのお話しをします!



歯周病菌は全身に様々な影響を及ぼします。


①狭心症、心筋梗塞

動脈硬化は不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因と

されていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染が

クローズアップされています。


②脳梗塞

歯周病の人はそうでない人に比べて2.8倍脳梗塞になりやすいといわれています。


③糖尿病

歯周病は糖尿病の合併症の一つです。また、歯周病になると

糖尿病の症状が悪化するという逆の関係もあります。

他にも、骨粗しょう症や誤嚥性肺炎などが挙げられます。 



歯周病を予防することが全身の生活習慣病を予防することにつながります!


毎日のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院でのクリーニングを行い、

口腔内を清潔に保ちましょう(*^^*)




2020年6月8日

*不正咬合の種類とリスク*

  • 22:22

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*





みなさんこんにちは!

歯科衛生士の野村です(^O^)


今日はタイトルにある通り、間違えた噛み合わせによる

不正咬合についてその種類と、そして不正咬合だと

どんなリスクがあるかについてお話しさせて頂きます。



まず、種類は大きく分けて

以下の5種類です。


①上顎前突

噛み合わせが上の歯列が前に出ていて、

見た目が出っ歯の状態を言います。


②下顎前突

噛み合わせが下の歯列が前に出ており、

見た目が受け口の状態を言います。


③叢生

歯と歯が重なっていたり、生えている方向が

バラバラの状態を言います。


④開咬

口を閉じていても、奥歯だけ重なって前歯が重ならず

隙間が空いている状態です。


⑤過蓋咬合

開口とは逆で、噛み合わせた際に上の歯が

深く下の歯にかぶさっており下の歯が見えていない状態です。



では、不正咬合だった場合、どんなリスクが伴うのでしょうか?


*歯磨きが十分に出来ず、虫歯や歯周病になりやすく、口臭が生じやすい


*食べ物を上手に噛むことが出来ない


*滑舌が悪くなる


*顎の形、顔立ちに大きく影響を与える


*顎関節症のリスクが上がる


*外見の悪さを気にして劣等感が生じる心理的障害も起きる



このように、歯並びが与える影響はお口の中だけに留まらず

全身の健康、そして見た目から繋がる心にまで影響は広がります。


そんなリスクを解消すべく、歯並びや不正咬合を治す"矯正治療"

行うことにより、結果ご自身が前向きになり

自信が沸いて人生が楽しくなった‼︎


というお声を日々聞かせて頂いております。


かといって、矯正は様々な種類もあり歯医者さんも沢山あります。

そんな中で自分に合う歯医者、治療法はどれだろう?と

迷ってしまうのは当然だと思います。


沢山悩んで、ここだ!と思える歯医者さんと治療方法に出会い、

楽しく矯正治療を行って、そして人生を豊かにして下さる方で

溢れるといいなあ、と日々思います。


そして、そのお手伝いを是非当院でさせて頂ければ幸いです。


当院は専門のスタッフによる無料相談からいつでもご相談に

乗らせて頂いております。



また、この度ご自宅にいる状態のままweb通話による

無料相談も可能となりました‼︎


もし、今どれくらい噛み合わせが合ってないのか、歯並びを治して

その後の人生を楽しく過ごしたいなぁ、と思われているようであれば

いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。



スタッフ一同、お待ち致しております。




*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

■■■

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。 ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。 美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。

Google +1