難症例の親知らずの抜歯にも対応します

親知らず親知らずは歯磨きがしにくく、むし歯になりやすい歯です。しかもむし歯になってしまった場合、一番奥で治療器具が届きにくく治療が大変になります。その後のメインテナンスも難しく、高確率でむし歯が再発し、さらに手前の歯まで巻き添えにむし歯になることもあります。

お口の中全体の健康と快適さを守るため、親知らずは早めに治療をし、必要に応じて抜歯しておくことがすすめられます。

また最近は、あごの小さい人が多く、根が横に生えたり、あごの中に埋まるなど複雑に生えている親知らずが増える傾向です。こうした親知らずの抜歯は、神経や骨を傷つけやすく難しいとされています。当院は、難症例の親知らずの抜歯についても豊富な経験がありますので安心してお任せください。

●抜歯した方がよいと考えられる親知らず
・中途半端に生えてきて歯の一部だけが見えてきている場合
・横向きに生えてきている場合
・骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある場合
・歯並びを悪くする恐れがある場合

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付