むし歯の進行度と治療

初期むし歯(CO・要観察歯)CO
歯のごく表面が感染している状態。痛みなどはなく、定期検診時に確認して発見できるものです。歯を削ったりすることはなく、メインテナンスで進行を防ぐ(再石灰化)ことができます。

エナメルう蝕(C1)C1
歯の表面に細菌が侵入して穴が開いた状態ですが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できませんので、穴が小さいうちに治療することが重要です。

象牙質う蝕(C2)C2
象牙質まで細菌が侵入した状態です。むし歯は中で大きく広がり、冷たい水や風がしみるようになります。麻酔をして感染部分を削り、詰め物をする治療を行います。

神経まで達したむし歯(C3)C3
神経まで細菌が侵入した状態です。激しい痛みを感じることもあります。放っておくと、熱い物がしみたり、ズキズキと痛み出します。感染部分を削り、根管治療を行うことが多くなります。

残痕状態のむし歯(C4)C4
歯が崩れて根っこだけが残ってしまった状態です。歯髄炎を放置すると、その痛みはなくなりますが、それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけです。抜歯の可能性が高くなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付