« 歯石は歯科医院でとってもらう | 歯科情報ブログ TOP | 骨の状態を診るレントゲン撮影 »

2016年7月11日

歯周病の初期治療は、歯磨きを中心としたセルフケアです。進行するにつれ、治療も大変になってきます。とはいえ、最近は残った歯槽骨を増やす治療も普及してきました、重い歯周病に悩む人には朗報です。

歯周病の予兆である歯肉炎は、歯磨きを徹底するだけで治せます。歯ブラシを当てると、ちょっと血が出たり、痛みを感じたりしますが、がまんして続けましょう。

磨き方は、歯肉を傷つけないよう軟らかめの歯ブラシで角度に注意して、すみずみまで時間をかけてじっくり磨きましょう。デンタルフロスや歯間ブラシも必ず併用してください。この初期治療は、そのまま歯周病の再発予防にもなります。

歯石には、歯と歯肉の境目につく白っぽい歯石と、歯周ポケットの中に形成される緑色、あるいは黒褐色の歯肉炎下歯石とがあります。いずれも歯磨きではとれないので、歯医者さんでとってもらう必要があります。ドラッグストアなどで買える歯石除去用の細長い器具を使う人もいますが、自分でやると十分に取り切れないだけでなく、歯肉を傷つけてしまう恐れがあるので、専門家に任せるのが一番です。

当院について詳しくはこちら

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
○○医院 院長 山田太郎

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

医院サイト:
http://www.kyouto-gashinkai.jp/

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。
ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。
美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。