« 良い歯科医、あまりよくない歯科医を見極めるポイント | 歯科情報ブログ TOP | こんな人は要注意!チェックしてみましょう »

2016年11月28日

どんなによい歯科医と出会えても、「治療は全て医者任せ」では、歯を守りきることはできません。また、そのことをきちんと指導してくれない歯科医は、例え腕がよくてもよい歯科医はいえないでしょう。

歯科を受診するきっかけの多くは、激痛という自覚症状です。「とにかくこの痛みを何とかしてほしい」。そんな思いで駆け込むせいか、いまだ歯科は痛みをとってもらうところだという意識の患者さんが多く見受けられます。これでは治療は一方通行となり、歯科での治療が終了したらそこまで、再発ややり直し治療への道を歩み始めることになりかねません。
歯を守るために歯科医ができることには限界があります。歯の治療は患者さん本人の努力なしには成り立たないのです。

セルフケアのできない患者さん、禁煙を徹底できない患者さんには、断固として治療しないという歯科医もいます。たしかに、患者さんが治療に参加するという意識を持たない限り、どんなに優れた治療を施しても、いずれやり直しが必要になるでしょう。そうなった場合、身体的・経済的負担を背負うことになるのは患者さん本人ですから、治療に非協力的な患者さんをかお断りするというのは、ある意味良心的といえるのです。

歯科は歯を守るための方法を指導し、サポートしてくれるところです。患者さんも「治療に参加する」という意識を強く持ち、歯科医から受けた指導を積極的に実践してください。

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
○○医院 院長 山田太郎

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

医院サイト:
http://www.kyouto-gashinkai.jp/

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。
ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。
美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。