見た目だけじゃない。歯並びが悪いと、こんなデメリットがある

矯正治療は、見た目を治すだけでなく、歯や口腔内、そして身体の健康のために行う予防的な医療でもあります。

むし歯や歯周病になりやすいデメリット
歯並びが悪いと、歯磨きなどの手入れがしにくく、食べ物を噛むときに、特定の歯に力が集中して負担がかかるため、むし歯や歯周病が起こりやすくなります。矯正治療で歯並びがきれいになると歯磨きもしやすく、むし歯や歯周病が進行するリスクを抑制することができます。

かみ合わせに関わる筋肉に負担がかかる
正しいかみ合わせは、体のバランスにとっても重要です。噛む運動にかかわる筋肉は意外とたくさんあり、それらの筋肉は体全体を動かす時にも重要な役割を果たしているからです。そのために正しく噛んでいないと顎関節に負担がかかったり、肩こりの原因となったり、全身の姿勢が悪くなったりさまざまな悪影響を及ぼします。

ストレスになる
歯並びに悩んでいる人は「思いっきり笑えない」「いつも口もとが気になる」など見た目の問題からストレスを感じられていることが多いはず。また、噛む感覚はとても繊細で、正しい噛み方をしていないと、口にしたものと実際の感覚にズレが生じて、知らず知らずのうちにストレスに感じてしまうといわれます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付