2016年8月31日

口が何となく臭っているような気がする事はありませんか?
口臭は自分では気づきにくいものですが、原因は、朝起きた時などの生理的口臭や、ネギやニラなど有臭食品を食べたことによるもの、呼吸器疾患や虫歯、歯周病によるものなどがあります。
それらに心当たりがないのに口臭が気になる場合でもっとも多い原因が、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の汚れです。
舌苔は食べかすや口の中の粘膜細胞の死骸、白血球など血液の成分などが積もり積もったものです。これらが細菌によって分解され、揮発性のイオウ化合物が発生し、口臭の原因になると考えられています。

最近は口臭の強さを測定する機械もあり、検査をしてくれる歯科医院も増えています。舌苔の掃除をするだけで、口臭測定の数値がその場で半分以下になります。即効性の高い方法なので、気になる人は専用の器具で掃除をしてみてください。
歯ブラシで舌苔を取り除こうとすると舌を傷つける恐れがあり、その傷から細菌に感染する可能性があります。シリコンなどでできた舌専用クリーナーを使うのがおすすめです。歯科医院や薬局などで購入できます。

当院について詳しくはこちら
2016年8月29日

最近、よく耳にするようになった「歯科人間ドック」。どんな人に利用価値があるのでしょう。体の病気を対象にした通常の「人間ドック」との違いや、歯科人間ドックの考え方やメニューをご紹介します。

体の病気の早期発見と予防を目的とした「人間ドック」はすでにおなじみかと思います。最近は、歯科の分野でも「歯科人間ドック」を開設する歯科医院が増えてきました。

歯科人間ドックは、虫歯や歯周病など病気の早期発見だけが目的ではありません。一生、自分の歯でかみ、健康で快適な生活を送るための予防を最優先に考え、口の中の問題に関するあらゆる悩みの相談にのってくれます。
例えば、虫歯や歯周病にはなりたくないけれど、自分にあった予防法がわからないといった悩みも解消できます。相談後に状態をチェックし、その情報もとに今後、健康な生活を送るためにはどうすればよいかを、一緒に考えていこうというスタンスです。

つまり、虫歯や歯周病になってしまってから、あわてて治療するのではなく、トラブルが起こる前に、歯と口の総合診断を行うことで、病気の原因を除去し、さらなる健康増進をはかる攻めの医療といえるでしょう。

ドックを設けている歯科医院は、歯をできるだけ削らない、抜かない方針を明確に打ち出している医院でもあります。もしドックで病気が見つかった場合は、あなたにとって最善と考えられる治療を引き続き受けられると同時に、二度と同じトラブルを起こさないための生活指導も含めたアドバイスを受けることができるのです。

当院について詳しくはこちら
2016年8月26日

ホワイトニングをして白くなった歯と、かつて治療で入れた人工の歯の色が合わなくなってしまった場合は、セラミックの差し歯に変える方法があります。従来のセラミック製差し歯は、中に金属を使っていたため、歯と歯ぐきの境目から金属の色が透けて見えて、「ブラックマージン」と呼ばれる黒っぽい歯ぐきになる傾向がありました。

しかし最近は、金属を全く使わないオールセラミックの差し歯が可能になりました。歯の根元に立てる土台もプラスチックなどの白い材料が使われるので、審美的にもかなり、天然の歯に近いものになります。ホワイトニングした自分の歯に合わせて白くすることができるのが、この人工歯の特徴です。

また、非常に丈夫なうえ、金属を使用しないため、金属アレルギーのある人も安心して使えます。
やはり保険が使えないので、1歯数万から十数万程度と費用はかかりますが、治療済みの歯で気になるものがある人は、検討してみてはいかがでしょうか。

当院について詳しくはこちら
2016年8月24日

ホワイトニングをしてみたけれど、思ったような効果が出なかった人、あるいは、ホワイトニングでは白くすることができないと言われた人の次の選択肢となるのが、歯の表面に貼る薄い被せ物、ラミネートベニアです。

歯の表面のエナメル質を0.5から0.8mm削り、シェルと呼ばれるごく薄いセラミック(陶材)を貼り付けます。
削る量は、痛みを感じないエナメル質の範囲なので、麻酔なしででき、歯へのダメージも最小限で済みます。ちょうどつけ爪と同じ感覚ですが、ラミネートベニアはいったん貼りつけたら、外すことはできません。

セラミックは、長期間使ってもほとんど変色しないメリットがあります。また、歯と歯の間にすき間がある場合などは、貼り付けるシェルの形を工夫することですき間をなくしたりと、歯並びをよくする効果もあります。ケガなどで歯の先端が欠けてしまった場合にも用いられる方法です。

ただし、食いしばりのクセがある人や上下の歯が垂直にかみ合わさっている人には向きません。
健康保険が使えない自費治療で、1歯数万円程度かかりますが、生まれつき歯の変色が強く、ホワイトニング剤が効かない人などには良い選択肢となるでしょう。

当院について詳しくはこちら
2016年8月22日

ホワイトニングをすると、歯の表面に薬がしみて痛む知覚過敏が時に起こることがあります。しみる原因は、エナメル質に亀裂が入っていて、そこから薬剤が象牙質に到達した場合、あるいは、象牙質がむき出しになっている場合などです。ホワイトニングした歯のすべてが痛むわけではなく、一部の歯だけに起こります。

自宅でできる対策としては、これまでフッ素入りの歯磨剤で磨き、再石灰化させて痛みを軽減する方法がとられてきましたが、最近では、硝酸カリウムを含む歯磨剤で磨くと、痛みが軽くなることがわかってきました。ホワイトニングで薬がしみて痛む場合は、歯科医に相談しながら対応してください。

当院について詳しくはこちら

2016年8月19日

ホワイトニングが、最も効果を発揮するのは、生きている歯に対してです。神経を抜いて死んだ歯に、漂白剤を詰めて白くする方法は、昔から行われていましたが、生きている自分の歯を安全に白くすることができるのが、最近のホワイトニングの特徴です。

ただし古い詰め物の金属イオンが歯に溶け出して変色した場合は、ホワイトニングはできません。白くできるのは、有機性の着色物質に限るからです。差し歯や入れ歯などにも、ホワイトニング剤は効きません。これらを白くしたい場合は、人工の歯そのものを取り替える必要があります。
また、妊娠中の人や無カタラーゼ症候群といって過酸化水素を分解する酵素を生まれつき持っていない人も、ホワイトニングは行えません。

歯の色によってホワイトニング剤の効果は変わってきます。一般に、グレーがかった歯は、黄色っぽい派よりもホワイトニングの効果が出にくい傾向があります。
子供の頃にテトラサイクリンという抗生物質を飲んでいたために歯が変色した場合も、ホワイトニングは難しいと言われています。

歯の先端部は目立たなくできても、歯肉のきわの変色は、薬が届きにくいこともあって、うまく漂白できません。歯の表面全体が褐色になっている場合も難しいでしょう。
また、ホワイトニングの効果は若い方が効果は出やすいと言われています。とはいえ、実際に診察してみないと結果を予測できません。根気強く、長く続けることで効果が現れる場合もありますので、自己判断で諦めずに歯科医に相談してください。

当院について詳しくはこちら
2016年8月17日

「美白効果」をうたった市販の歯磨き剤に含まれる成分はこれまで、タバコのヤニ取り歯磨剤に代表されるように、研磨剤が主でした。

研磨剤の粒子が大きいと、歯の表面についた着色成分(ステイン)を落とす効果は高いのですが、毎日のように使うとエナメル質まで削れてきてしまいます。一方、粒子の細かい研磨剤は、歯には優しいのですが、着色を落とす効果が低いという難点がありました。

そこで登場したのが新しい「美白研磨剤」です。酸の働きで、着色物質を分解したり、歯表面のタンパク質を溶解させることで、歯を白くします。研磨剤も、カルシウム成分やシリカなど、歯を傷付けないで着色をとるものに変わってきています。ただしこれらは、あくまで歯本来の色を取り戻すためのものです。エナメル質の中から白くするには、ホワイトニングが必要なのです。

虫歯や歯周病の治療を済ませておかないとホワイトニングはできません。ホワイトニング剤が、トラブルの場所に染みる恐れがあるからです。

ただ、詰め物などを入れる治療した場合は、治療後にホワイトニングすると、前の歯の色に合わせていた詰め物の色が白くなった歯に合わなくなります。特に前歯は目立つので、その場合は、詰め物を入れ直す必要があります。ただし、歯科医と相談の上、すぐに治療しなくても大丈夫ということならホワイトニングしてから詰め物を詰める事も可能です。

当院について詳しくはこちら
2016年8月15日

ホームホワイトニングは、濃度の濃い過酸化水素を使うオフィスホワイトニングに比べて、効果の出方がゆっくりしています。効果を得るためには、最低2週間は装着する必要があります。通常1~3ヶ月程度で、満足のいく白さを実感する人が多いようです。

赤ワインやカレーなど着色しやすい食べ物をとっても、ホワイトニング剤を使えば、基本的には色が取れるので、ホームホワイトニングの場合は食事の制限は緩やかです。ただし、ホワイトニング中は毎日のトレー装着前に、歯磨きを徹底して表面の汚れを落とす必要があります。また、妊娠中の人はホワイトニングが受けられませんので注意が必要です。

トレーをはめるとあごに不調が出る人は、歯科医と相談のうえで、オフィスホワイトニングにするか、材質の薄いトレーを作り、片あごずつホワイトニングをするなどの工夫が必要です。

しかし、マイペースでホワイトニングをしたい人には、ホームホワイトニングはベストチョイスです。かかる費用は1回数千円から数万円くらいで、長く使えるのでオフィスよりも結果的に安くなります。

着色後のメンテナンスや普段の歯磨きがきちんとできる人なら、オフィスホワイトニング同様、数年間は効果が持続するとされています。

当院について詳しくはこちら
2016年8月12日

ホームホワイトニングの流れは以下のようになります。

■カウンセリング
歯科医院で虫歯や歯周病がないかなど歯の状態をチェックします。トラブルが見つかった場合はその治療を済ませてからホワイトニングを始めます。

■クリーニング
歯の表面についた汚れを取り除きます。徹底的にクリーニングしたい場合は、機械クリーニングを行います。これだけで歯が白くなる人もいます。

■トレーを作る
歯型を取り専用のトレーを作ります。

■ホワイトニング
トレーの中にジェルを入れて歯にはめます。装着時間は個人によって差があります。日本では厚生労働省が、就寝時ではなく、日中装着するよう指導しています。万一、トレーが壊れるといったトラブルがあった場合は、再度受診が必要ですが、基本的にはこれで処置は終了です。あとは、自宅で好きな時間にトレーをはめて、ホワイトニングをしていきます。

当院について詳しくはこちら
2016年8月10日

ホームホワイトニングはその名の通り、自宅で歯を白くする方法です。
ホームホワイトニング剤が市販されているアメリカでは、手軽にできるとあって、これが主流です。しかし日本では、歯科医のもとで進めるよう厚生労働省が指導しています。というのも欧米人に比べて日本人は歯の表面のエナメル質が薄いため、アメリカ人用のホワイトニング剤を使用する場合には注意が必要だからです。

とはいえ、ホームホワイトニング用の薬は、歯科医院で行うオフィスホワイトニング用の薬よりは低刺激です。オフィスホワイトニングでは消毒薬と同じ成分、過酸化水素を高い濃度で使うのに対し、ホームホワイトニングでは低刺激の過酸化尿素を使います。

過酸化尿素は唾液と反応して過酸化水素に変化する成分です。これをマウスピース状のトレーに入れ、一定時間、歯にはめておくことで歯を白くします。厚生労働省が認可しているのは過酸化尿素の濃度が10%の透明なジェルです。

アメリカでは過酸化尿素の濃度にいろいろな種類があり、使いやすいものを選べます。薬剤の濃度が高いほど効果の出方も早いのですが、知覚過敏を起こすリスクが高くなるデメリットもあるため、通常低濃度のもので始めて、様子を見ながら徐々に濃度を上げていきます。

当院について詳しくはこちら

2016年8月8日

オフィスホワイトニングは次のような流れで行うのが基本です。

■カウンセリング
ホワイトニングが可能かどうか、歯の状態をチェックします。治療していない虫歯や歯周病があった場合は、そちらの処置が先です。そのままホワイトニング用の薬を使うと、病気の部分にしみて痛んだりするからです。

■クリーニング
ホワイトニング剤の浸透を良くするために、歯をクリーニングします。希望者には、より高度な機械クリーニングを行う場合もあります。ただし機械クリーニングのあとは、口の中が敏感な状態になるので、その後のホワイトニング剤を塗る処置は、1週間ほどあけて行うことになります。機械クリーニングはホワイトニングとは別に費用がかかります。

■ホワイトニング
歯肉に薬がつくと刺激を感じるので、ワックスなどを塗ってカバーします。その後、白くしたい歯に過酸化水素ペーストを丁寧に塗り、数分間、光をあてる処置を数回繰り返し、着色成分を漂白します。

■仕上げ
口をゆすいで、歯の表面を軽く磨き、知覚過敏防止用の歯磨き剤を塗布するか、フッ素ジェルでコーティングすれば終了です。

ホワイトニングによって、歯がどれだけ白くなったかがわかるように、処置の前後には必ず写真を撮るか、歯の色見本でチェックするのが普通です。処置が終わったら、理想の白さになったかどうかを自分でも確認しましょう。満足できなかった場合は、時間を空けて同じ処置を繰り返す場合もあります。

オフィスホワイトニングは、処置が終わったあとも48時間程度は漂白効果が続いています。しかし、この間に、赤ワインやコーヒー、紅茶やカレーなどの色の濃い飲食物を取ると、すぐに着色してしまいます。喫煙も最低2日間は控えて欲しいところです。
とはいえ、色のつきにくい食べ物だけを選んで食べるのもストレスです。そこで、活躍してくれるのが、ホームホワイトニング用のキットです。オフィスホワイトニングを受けながら同時に、家庭でもホームホワイトニングを行う「デュアルホワイトニングコース」なら、それほど食べ物の着色を気にする必要はありません。

毎日きちんと歯を磨いて、表面についた汚れを取り除くことももちろん大事です。メンテナンスを行うことでホワイトニングの効果は、2年間は持続できると言われています。
色のつきやすい食べ物が好きで、歯に着色しやすい人でも、定期的な歯のクリーニングを受ければ、白さを持続させることができます。

当院について詳しくはこちら
2016年8月5日

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニング法です。
アメリカでは、自宅で行うホームホワイトニングも広く普及していますが、日本は、オフィスホワイトニングの方が主流です。費用は歯科医院によりますが、上下で1回につき数数千円から数万円くらいで、人によって回数が異なります。

オフィスホワイトニングで使われる薬剤は、消毒剤のオキシドールと同じ成分、過酸化水素を含むペーストです。これを白くしたい歯にぬり、光を当てることによって、過酸化水素が活性化し、歯に染み込んだ着色成分が分解・漂白されて無色化します。

過酸化水素を含む薬はどこの歯科医院もほぼ同じものを使っていますが、当てる光は様々です。最もベーシックなのがハロゲンライトで最近はよりパワフルなプラズマライトや LED (青色発光ダイオード)を使う方法も普及してきています。

当院について詳しくはこちら

2016年8月3日

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングできない人に向く方向です。
また、歯並びが悪くてホームホワイトニング用のトレーを使えない人や、トレーをはめると、あごに不調が出てしまう人もオフィスホワイトニングが良いでしょう。
一方、ホームホワイトニングの一番のメリットは、歯科医院に通わずに済むことです。
自分で加減しながらゆっくりと白くできるので、マイペースで進めたい人にもホームホワイニングが向きます。

いずれの方法も、ただ真っ白な歯にするというよりは、その人がなりたい歯の白さを実現できます。
日本では、オフィス用、ホーム用ともに認可されている薬はまだ少ないのですが、最近は日本もホワイトニングがブームです。ホワイトニングに力を入れている歯科医院も増えてきています。ホワイトニング先進国のアメリカでは、過酸化尿素の濃度ひとつとってもたくさんの種類があります。今後は日本でも使えるホワイトニング剤がさらに増えてくるかもしれません。

当院について詳しくはこちら


2016年8月1日

他にも歯が変色する原因として見られるのが、虫歯の治療などで神経を抜いしまった場合です。時間が経つにつれて、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。
これは神経が死んでしまい、象牙質に栄養が届かなくなってしまったために起こる現象です。
一方、加齢や生活習慣とは関係なく、歯が変色している人もいます。

これは永久歯が形作られる7歳頃までの幼児期に、テトラサイクリンという抗生物質を飲んでいた影響とされています。症状としては、歯肉と歯の境目の部分が、帯状に茶色く変色したり、縞模様ができたりします。歯の表面全体が褐色になる場合もあり、色のつき方には個人差があります。
このように歯が黄色っぽくなる、いわゆる変色は、外からの要因と内側からの要因があります。

当院について詳しくはこちら

« 2016年7月 | 歯科情報ブログ TOP | 2016年9月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
○○医院 院長 山田太郎

ホワイトエッセンス
京都四条通り矯正歯科
インビザライン
(マウスピース専門矯正歯科)

医院サイト:
http://www.kyouto-gashinkai.jp/

こんにちは。「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」院長 中村雅彦です。
ホワイトエッセンスで培ったデンタルエステとマウスピース矯正の診療技術を結集して、このほど「ホワイトエッセンス京都四条通矯正歯科」を開院しました。
美しく健やかな歯と口もとのために、ホワイトエッセンスと矯正歯科を組み合わせ、従来の歯科医院ではサポートしきれない領域まで対応できる、今までにない歯科医院を造りたいと考えています。よろしくお願いします。