小さいお子様の場合も、本人の意思を尊重します

小児矯正矯正治療は、お子様本人が「自分でも治したい」と考え、治療に前向きに取り組むことが大切です。当院では、小さいお子様にも本人の意志を確かめてから、治療に進みます。「いやだな」と思っているお子様や、「治療したい」と感じていないお子様には治療を見合わせます。定期的にクリーニングと検診を行い、お口の中の成長やお子様の気持ちに合わせて、治療開始のタイミングを図ります。

気になる時は、3歳頃にご相談ください
特に反対咬合(受け口)の可能性があるお子様は、この時期からの矯正治療をお勧めします。反対咬合は、2歳児までは50パーセントが自然に治ると言われていますが、3歳児の自然治癒は10パーセント以下と急速に低下します。子どもの矯正治療は、タイミングが重要ですから、あごや歯の成長を見極め、最適の治療をご提案します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付