インプラントと他の治療法との比較

ブリッジブリッジ
【支えにする歯を痛めやすい】
抜けた歯の両隣の歯を削り、支台を形成します。そこに連なった義歯を被せます。ブリッジは使用上の違和感がなく、材質によっては入れ歯であることもわかりにくいメリットがあります。しかし、人工歯の部分の負担が支台歯にかかり、歯ぐきを痛める原因になります。そのため、抜けた歯が多い場合にはブリッジができない場合があります。また支台歯は、むし歯や歯周病にかかりやすいので、よくお手入れすることが大切です。

入れ歯入れ歯
【歯ぐきや他の歯に負担がかかる】
入れ歯は、一般にクラスプと呼ばれるバネを使って他の歯に固定させます。取り外しが可能で、失った歯が多い場合に適用されます。物を噛んだ時の負担は、床を通じて歯ぐきに直接かかるため、痛みが出てしまう場合があり、またクラスプをかけた歯には噛むたびに負担がかかり、その歯の寿命を縮める恐れがあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付