歯周病の進行度

歯肉炎歯周病の進行
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたり物を食べたりすると出血する状態です。この段階でていねいな歯磨きや歯科医院で適切な処置を受けることで、元の健康な状態に戻すことも可能です。

歯肉(歯ぐき)と歯の間には、歯周ポケットという1ミリぐらいの幅の隙間があります。歯磨きなどのお手入れが行き届かないと、このポケットにプラークがたまります。たまったプラークが歯石を造り、徐々に隙間を押し広げて行きます。これを積み重ねるとことで、歯肉が炎症を起こし、放置すると炎症がますます進むのです。

歯周炎歯周病の進行
歯周ポケットが広くなり、そこから出血したり膿が出たり、口臭を感じることもあります。

ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。この頃には強い口臭を感じ、歯が浮いた感じがします。強く噛むと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。歯周炎で破壊された歯槽骨や歯肉を元通りにすることはできませんが、進行を止めたり、進行の速度を緩やかにすることはできます。

歯が抜ける(重度歯周炎)歯周病の進行
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきが酷くなり、最後には抜けてしまいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付