【当院の特徴】きれいになるための準備でもある、むし歯治療&予防

●こんな方に!!
・歯科医院が苦手
・痛い治療はしたくない
・前に治療したところが気になる

一般歯科

当院は、むし歯を診ることを第一とする歯科医院ではありません。むし歯を作らず、歯を守り、さらに美しくなることを目指しています。しかし、矯正治療やホワイトニングも、むし歯があるとスムーズに治療や施術を進められません。そこで、歯科治療の基本となるむし歯治療にも力を入れています。

歯の色や自然な見え方にもこだわっています
ホワイトニングなどの審美メニューを受けていただく中で、詰め物の変色や、金属の補綴物の見え方が気になるという方は多いものです。当院では、詰め物も各色そろえ、他の歯の色や全体のバランスにも配慮した治療を行います。

単に歯を治すだけではなく、お口の中を健康にするためのむし歯治療
一度削った歯は、二度と元に戻りません。また歯は削って詰めたところから悪くなりますので、むし歯の治療では、できるだけ削らない、最小限の治療を心がけています。そして、治療後は、定期的な検診とメインテナンスで、お口の中の健康を維持していただくようにリードしていきます。

理想は、予防歯科を超えて、未病歯科へ

メインテナンスむし歯の予防は当たり前になってきましたが、当院では、治療後にメインテナンスに通うのではなく、そもそもむし歯を起こさない、未病歯科をめざしています。検査などによりむし歯や歯周病のリスクを判定し、ホワイトエッセンスの歯のクリーニングなども取り入れ、お口のトラブルを未然に防ぐメインテナンスをご提案しています。

むし歯の進行度と治療

初期むし歯(CO・要観察歯)CO
歯のごく表面が感染している状態。痛みなどはなく、定期検診時に確認して発見できるものです。歯を削ったりすることはなく、メインテナンスで進行を防ぐ(再石灰化)ことができます。

エナメルう蝕(C1)C1
歯の表面に細菌が侵入して穴が開いた状態ですが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できませんので、穴が小さいうちに治療することが重要です。

象牙質う蝕(C2)C2
象牙質まで細菌が侵入した状態です。むし歯は中で大きく広がり、冷たい水や風がしみるようになります。麻酔をして感染部分を削り、詰め物をする治療を行います。

神経まで達したむし歯(C3)C3
神経まで細菌が侵入した状態です。激しい痛みを感じることもあります。放っておくと、熱い物がしみたり、ズキズキと痛み出します。感染部分を削り、根管治療を行うことが多くなります。

残痕状態のむし歯(C4)C4
歯が崩れて根っこだけが残ってしまった状態です。歯髄炎を放置すると、その痛みはなくなりますが、それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけです。抜歯の可能性が高くなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせ オンライン予約受付